飛行機のエルロン(補助翼)によるローリングの制御の仕組み

この記事では、飛行機のエルロン(補助翼)がどのような仕組みでローリングを制御しているか図解で解説します。

ローリング(横揺れ)とは

ローリング(横揺れ)とは、飛行機が左右に傾く回転運動のことです。

飛行機の軸定義については「飛行機の運動に重要な3つの運動軸と回転運動。ピッチング・ローリング・ヨーイング。」をご覧ください。

エルロン(補助翼)によるローリング制御の仕組み

ローリングの制御は主翼のエルロン(補助翼)と呼ばれる操舵翼で制御を行います。

飛行機を左へ傾けたい場合

飛行機を左に傾けたい場合、右翼のエルロンを下向きに、左翼のエルロンを上向きに操作します。

すると、空気の流れが変わり右翼では揚力が上向きに、左翼では揚力が下向きに発生します。左右の主翼で揚力差が発生するので、飛行機のは左へ傾きます。

飛行機を右へ傾けたい場合

飛行機を右に傾けたい場合、右翼のエルロンを上向きに、左翼のエルロンを下向きに操作します。

すると、空気の流れが変わり右翼では揚力が下向きに、左翼では揚力が上向きに発生します。左右の主翼で揚力差が発生するので、飛行機のは左へ傾きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1985年9月生まれ。大阪出身。息子と娘の2児の父。
東北大学大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 修士課程修了。
学生時代は数値流体力学を用いた航空機の空力設計の研究に従事。
卒業後は航空機製造メーカーにて旅客機の設計を担当。